劣化による問題も解決する

HDD

パソコンを扱う企業の多くは、内部hdd にデータを記録して業務を行なっているものです。内部hddに記録することで、わざわざ外付けの記録メディアを使わずともデータを参照することができます。しかし、内部hddはデータ容量も限られているため、外付けhddによってデータを保管せざるを得ない場合もあります。また、内部hddはパソコン本体へのダメージやシステムエラーによる影響によって簡単にデータが損失してしまうため、バックアップ目的で外付けhddにデータを保管している会社もあるでしょう。外付けhddは耐ショック性などの性能にも秀でているため、バックアップを取るのに最適な機器です。ですが、そうした外付けhddを使った場合でも、完全にデータの損失を免れるわけではありません。長く保管し続けた場合、機器自体の経年劣化によって不具合が生じ、外付けhddのデータの読み込みができなくなる場合もあるのです。

外付けhddの不具合によりデータの読み取りができなくなったなら、データ復旧を行なう会社に依頼するとよいでしょう。破損したhddのデータを読み取るサービスだけでなく、データ復旧センターでは不具合を起こしたhdd機器のデータの読み込みも行なうことができます。高いデータ復旧率を誇る会社であれば、どれだけ古い外付けhddでも、ほとんどデータの消失もなく復元してもらえます。機器の状態によっては、当日の内にデータの復旧を行なってくれる場合もあります。すぐにデータが必要となっている会社でも、依頼することですぐに欲しいデータを得られるでしょう。

データを安全に保管できる

女性

クラウドバックアップのサービスでは、自社のデータを全てデータセンターのサーバーに移すことができます。ネットを通じていつでもデータを呼び出せるほか、災害が起きた場合にもデータの損失を避けることができるでしょう。

詳細を確認する...